zuKao


プロフィール

zuKao

Author:zuKao



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


町沢静夫著『なぜ「いい人」は心を病むのか』
そんなには言われないが、zuKaoもたまに「いい人」って言われる。それだけの理由なのだが、なんとなくこの本を読んでみたくなった。

この著書の町沢静夫先生は精神科医でテレビとかにも結構出ているみたいです。章によっては重いテーマもありましたが、第四章はこれから父になるzuKaoにとって、第五章は新しい仕事を始めるzuKaoにとって大変参考になりました。

いつもながら備忘録としてzuKaoの気に入った部分を抜粋しておくので、興味のある人は「...read more」をクリックしてください。

...read more
スポンサーサイト

開発終了
1997年に入社して以来、ずっと医療機器の開発部門で研究開発エンジニアとして勤めてきた。途中で3年間の工場勤務も経験したが、基本的には商品開発エンジニアという仕事を続けてきた。zuKaoの関わった製品は全世界で1万数千台が売れた。大きな不具合を起こすこともなく、多くの病院で使っていただいている。これは開発者冥利に尽きる。しかし、これも今日で終わり。zuKaoにとっては開発終了である。

明日からは全く違う仕事にチャレンジする事にした。同じ医療系だが、病院の運営改善コンサルタントとして働くこととした。どれだけの事ができるか分からないが、ドクターや病院スタッフの方々に少しでも快適に仕事をしていただけ、かつ効率的で利益もあげられるようなアドバイスがしてあげられれば良いと思っている。その結果として、実質的な医療の質が向上し、少しでも医療事故が減少してくれればなお嬉しい。

とにもかくにも、開発エンジニアとしてのzuKaoに自分自身でお疲れ様を言いたい。明日からは全国の病院を飛び回る事になる。2006/2/242006/4/20の記事、そしてリンクの伊藤賢司さんのblogにも書いてある顧客指向や顧客満足を忘れずに常に意識して仕事をしていきたい。


川面に写る夕陽
20060530182121
飲み会に行く途中、橋の上から撮影してみました。


レースの結果と...
昨日のレースでは、モブログでレース中盤までの様子をUPしていましたが、結局どうなったのかを書いていませんでした。家に帰ってから書こうと思ったのですが、そんな元気はなかったので、1日遅れでUPします。
レース自体は、チームメンバーでノンビリ楽しく走ろうと決めていたので、順位は気にしていませんでした。結果はブービー賞。ビリにならないで良かったです。

レースは一周約3.9kmで色々な所を走るのですが、こんな感じの上り坂なんかもありました。
race0528.jpg

レース終了後、みんなで片付けをした後、抽選会に参加しました。だいたいzuKaoはこういうのは当たらないタイプなので、少々しらけムードで参加していました。案の定、全然景品は当たらず、残りは2等と1等の発表になりました。で、2等の発表の時に呼ばれたのがzuKaoの番号でした。なんかステージ上に呼ばれて、大きな商品をGetしました。
get0528.jpg

商品はサイクルトレーナーといって、家の中で自転車のトレーニングができる中級者向けの商品のようです。2等をGetできたのは嬉しかったのですが、zuKaoの家はそんなに広くないし、そもそも中級者じゃないからちょっと困りました。

雨降りから始まったのでどうなる事かと思いましたが、とても楽しい一日になりました!

レース中盤
5時間のレースの中盤を過ぎ、残り2時間となりました。天気も回復し、曇り空で走るにはちょうどいいです。ただ、体力的には疲れてきました...

ピット付近
20060528102127
ピット付近はこんな感じです。


日産スタジアム サイクルパークフェスティバル
20060528101816
あいにくの雨模様ですが、レースが始まりました。
zuKaoは第1走者で3周を走り終えピットインしたところです。
結構転んでいる選手もいましたが、安全第一です。
残り4時間半、チームメンバーと一緒に頑張ります!


てるてる坊主?
20060527003012
日曜日は自転車のレースなのですが、天気予報は雨。会社で晴れを願って作りました。


矢沢永吉著「成りあがり」
5月1日のblogにも買ったことを書きましたが、やっと読み終えました。「矢沢永吉激論集 成りあがり How to be BIG」です。この本、初版は昭和55年(単行本は昭和53年)で、永ちゃんが28歳の時に書かれた本である。

読んだ感想。やっぱり熱い人だね。そして、思った以上に堅く真面目な人。そして何よりも家庭を大事にする優しい人。文章の所々からそれが伝わってきた。色んな辛い思いを経験して、いつか見てろという強い思い・信念が伝わってくる本であった。ますます永ちゃんという人間が好きになった。(相変わらず曲はあまり知らないけど...)

いつもの如く、備忘録としてzuKaoの気に入った部分を抜粋しておく。

...read more

川北義則著「あなたの時間はもっとゆっくり流れるはず」
「スローライフ」や「スローフード」そして「スローキャリア」など、最近「スロー」がキーワードとなった言葉を良く耳にする。「スローライフ」はおよそ文字通りだが、「スローフード」や「スローキャリア」は、やや意味を誤解して理解している人がいるかもしれない。「スローキャリア」については、このページを見ていただければ正しい意味をおよそ把握できると思う。

さて本題の本の感想。要は「リラックマ精神」ですな。「あくせくしたって始まりませんぜぃ」の精神です。興味のある人はいつもの通り「...read more」をクリックして、zuKaoお気に入り部分の抜粋を読んでみてください。(今回も長いですよ!)

...read more




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。