zuKao


プロフィール

zuKao

Author:zuKao



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



東京ディズニーリゾートうんちく
昨日は東京ディズニーシーに行ってきました。3連休の初日で混んでましたが、入園制限もかからず入園できました(今日は両テーマパークとも入園制限がかかっていた)。我が家のディズニーシーはまったりムードでした。アトラクションはエレクトリックレールウェイに乗っただけですから。我が家の一番のお楽しみは「レジェンド・オブ・ミシカ」。以前にも見た事があったのですが、今回は気合を入れて1時間前くらいから場所取りをしました。良い場所を確保できたので、以前よりもかなり充実して見ることができました。妻はビデオ係、zuKaoはちょっとメタボ気味で重い娘を抱っこしながら30分間の縦揺れダンス!虚弱体質(?)のzuKaoも、ミニーマウスと一緒なら、30分抱っこも平気です(いまだに筋肉痛ですが)。

さて我が家の行動はこの辺にして、待ち時間などで「これって、いつ頃できたんだろう?」という話をよくしました。だいぶ偏りがありますが、ウィキペディアで色々と調べてみました。最近のものは入ってません。
TDRj.jpg

スポンサーサイト

大前研一著「ロシア・ショック」
最近はHRI野口さんや内田和成さんの新刊が続いていて出費がかさんでいました。この本は少し経ってから購入しようと思っていたのですが、待ち切れずに買ってしまいました。買っただけで読んでいない「積ん読(どく)」の本も何冊かあるのですけどね。。。

...read more

初めての電池交換
今日、初めて携帯の電池交換をしました。初めてというのは、今までは電池の寿命より早く機種変更していたからです。この10年くらいで、DoCoMo→J-Phone→auと色々な機種を使ってきましたが、これだけ買いたいと思う機種が無い時期は初めてです。一番の有力候補は、docomo(大文字→小文字に変えてます)のNM706i(Nokia)ですが、電池の持ちが悪いという「噂」と価格がネックです。auのsportioも小さくて良いのですが、機能が今の機種と変わらないので数万円を払う気にはなりません。来年、Andoroid携帯が出たら悩むかもしれません(アメリカなどでは既に登場していますね)。

ニコラス・G・カー著「クラウド化する世界」
Author: Nicholas G. Carr
Title: The BIG SWITCH
Sub Title: Rewiring the World, from Edison to Google

この本、和名と英名がかなり違いますね。副題も違います。和名の副題は「ビジネスモデル構築の大転換」です。最初の方に書かれている電化との対比は、なかなか興味深いものでした。最後の方はグーグルの話が多かったですが、図書館のコンテンツのスキャンがAI(人工知能)に読ませるためというのは、かなり驚きました。

...read more

内田和成著「スパークする思考」
内田先生の新刊が発売されました。内田先生のblogではAmazonでの購入を勧められていましたが、土曜日に書店で見つけたので買ってしまいました。内田先生、申し訳ありませんでした(謝る必要はない?)。

さて、内田先生が以前に書かれた「仮説思考」はベストセラーでした。仮説思考の私なりの解釈「面倒くさがり屋の思考」です。しらみ潰しに考え調査するのではなく、経験に基づく勘で仮説を立て、その仮説を検証し、仮説が間違っていたらポイっと捨てるという解釈です。

今回の本のエッセンスも、基本は面倒くさがり屋の思考だと思いました。肩肘張らずに気になった情報に、頭の中でレ点を打つという事。zuKaoのレ点の打ち方は、大きく分けると以下のような感じです(結構、ITを使っていますね)。

(1)行きたいレストランを調べたら、携帯電話に代表メニュー、値段、住所、定休日を入れる。(携帯電話はその他にもスケジューラー、メール、インターネット、辞書機能、写真撮影、メモとして使います。最近は腕時計はしていませんし、デジカメも使いません。)

(2)本は線を引きながら読む。blogの備忘録に打ち込む時には、少し削除する。線を引く時も頭を使いますが、削除する部分を決めるのにも頭を使います(本当は全部打ち込むのが面倒なだけです)。そしてblogにUPすれば、あとは思い出したい時は、Googleでも使えば簡単に引き出せます。

(3)blogのテキスト情報をiPodのメモにして持ち歩く。iPodのメモは容量制限4kBがあるので、更に絞り込みを頭を使って行います(本当はやりたくないのですが、今は頑張ってます)。blogと違ってiPodは自分にさえ分かればよいので、かなり削ります。仕事中、特に会議中はネットに接続できないので、このiPodメモが活躍する場面は多いです(4GBのiPod nano(中古)なので万能ではありませんが、Cost Performanceは高いです!)。

(4)紙資料は、大事だと思えばプリントアウトしてクリアーファイルに入れるか、短いものであれば打ち込んでiPodに入れておきます。クリアーファイルの中も結構見直していて、古くなったなぁと思ったものは捨ててしまいます。会議資料は会議終了後、ほぼ即効で捨てます。zuKaoの会社の机はかなりキレイだと思います。

さぁ、前置きはこのくらいにして(zuKaoにしてはかなり長い前置きです)、以下に備忘録をまとめます。新刊であまりに引用が多いのも申し訳ないので「中略」をかなり盛り込みました。

...read more

HRIのSPS(第6回)に参加してきました。
昨日の土曜日、HRI(株式会社HRインスティテュート)のSPSに参加してきました。SPSとは、HRIが主催するソーシャル・パワー・セッションというイベント(会合、集まり?)です。このセッションには、昨年2007年11月10日(土)にも参加していました。

このSPSの趣旨は以下の通りです。
1.世界を良くしたいと頑張っている人たちの活動を応援する
2.「今の自分にできることって何だろう?」を考える
3.なにか一緒にできることをみつけて動き出す

今回のテーマは「いのち」。重いテーマですねぇ。副題は「赤ちゃんとお母さんの命を守ろう!2015年までの約束~国連ミレニアム開発目標(MDGs)の8つ~」で、ゲストスピーカーは永井周子先生でした(当日は「先生」と呼ぶのはダメと言われてしまいました)。

第一部は、HRIの方々が訪れたマダガスカルについての報告会でした。マダガスカルの病院には、各国からの援助で得た医療機器が数々あるのだが、古いものが多かったり技術者がいなくて使えないものが多いというのが印象的でした(電気もよく止まるらしいです)。

第二部は、永井さんからのカンガルーケアを中心としたお話(主題はMDGsだと認識していますが、blogでは分かりにくいのでカンガルーケアをメインに書きます)。カンガルーケアについては全く知りませんでしたが、説明によると、「生まれたばかりの赤ちゃんをお母さんの胸に直接肌と肌を触れ合わせて立て向きの抱っこを続けるケア」の事だそうです。これは高度な先進医療でもなく、高価な機械や消耗品が不要というのもよいと思いました。感染予防にもなるというのは最初は理解できませんでしたが、丁寧な説明を受けて理解する事ができました。

最後に、今回のセッションに関するリンクを以下にまとめておこうと思います。

HRIマダガスカルプロジェクト

曽野綾子著「時の止まった赤ん坊」(絶版らしいです)

国連ミレニアム開発目標(MDGs)

世界子供白書(統計資料)

カンガルーケア、ガイドライン


表参道H&M
20081108125237
今日オープンだそうです。朝は代々木体育館まで行列が続いていたそうです。今日は寒いから、風邪をひく人も多いでしょうね。zuKaoは並びませんでした。

小さいオッサン?
20081107224021
腹巻きをしてイビキをかいてよく寝ています。最近は言う事を聞かなくなりましたが、やはり寝顔を見ると憎めないです。娘の最近の口癖は「なんで(お父さん)ここ(家)にいるの?」です。返答に困り、絶句します。

野口吉昭、HRインスティテュート著「ウェイ」のある強い経営
Authors: Yoshiaki Noguchi, HR Institute
Title: Way Management

いつも大変お世話になっているHRインスティテュート、野口さんの新刊が出ました。昨日の昼に購入し、昨日の帰りの電車と今朝の電車内で読み終えました!

最近はJ-WAVEに出演されたり、4月に出された本が20万部を突破している野口さんですが、いつもblogへの引用許可を快諾していただいています。今回もお忙しい中、メールの返信をしていただきました。ありがたい限りです。

さてさて今回の本の内容ですが、p.19のリッツカールトン東京やp.43のプロジェクトXのお話しは、以前に参加した野口さんの出版記念セミナーの際にうかがった事がありました。p.56に書かれている「Room to Read」の事は知りませんでした。

その他、印象に残ったところを備忘録にまとめます。
...read more

President-Elect Barack Obama in Chicago
新しい大統領に決まったオバマの演説をYouTubeで見ました。英語なので完璧には分らなかったのですが、所々鳥肌がたちました。17分の動画です。zuKaoはiPodに入れて何回か繰り返し聴いてみるつもりです。