zuKao


プロフィール

zuKao

Author:zuKao



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビル・エモット著「変わる世界、立ち遅れる日本」
Author: Bill Emmott
Title: The Changing World-Lagging Japan

ビル・エモットさんの本は、昨年3月に読んだ「世界潮流の読み方」に続き2冊目です。世界と日本の対比が、比較的分かりやすく書かれていると思います。


...read more
スポンサーサイト

子育て本
最近、zuKaoの周りではオメデタの方が多いです。PHPのメルマガを読んでいたら、以下の新刊紹介が載っていたので、blogにUPしておきます。オススメかどうかはzuKaoには分かりませんが。


ちなみにzuKaoのオススメ子育て本は、「5歳までのゆっくり子育て」です。内容をチラっと見たい人は、上の水色(青?)になっているリンクをポチっと押して見てください。



Gym(2-3)
今週は水曜日に勉強会、木曜日は職場の飲み会があったのですが、それ以外の日は摂生して過ごしました。その努力の甲斐あって、約1kg減りました。

ストレッチ10分x2セット、エアロバイク20分、
ランニングマシン(Walking)15分(65kcal)、
チェストプレス20回x2セット、ダブルニー20回x2セット、
ショルダープレス20回x2セット、AB/ADヒップ20回x2セット、
体重74.1kg、血圧136-72、脈拍85

留守番です



今日は長女とお母さんは幼稚園の一日入園です。ということで、次女と2人で留守番中です。


嶋口内田研究会(20100217)に参加してきました
おととい水曜日の夜、約3カ月ぶりに嶋口内田研究会に参加してきました。今回のゲストスピーカーは、市街地経営研究機構の木下斉さんでした。

木下さんは1982年生まれ。若い!でも略歴はすごく、早稲田"高校"在学中に会社を興したそうです。また、高校在学中に、2000年度の流行語"大賞"を「IT革命」で受賞しています。

その後も、早稲田大学在学中にNPO法人のフローレンスを設立(理事)したり、精力的な活動をされています。今回はほとんどメモをとりませんでしたが、エネルギッシュだなぁ、と感心してしまいました。

今年はよく雪が降りますね
100218_0705~01.jpg
今年はよく雪が降りますね。寒い!そして、眠い!

内田和成著「論点思考」
内田和成さんの本は、上司に薦められて読んだ「仮説思考」が最初でした。その後「コンサルティング入門」や「スパークする思考」、「異業種競争戦略」も読みましたが、どれも大変役に立っています。zuKaoは読んだ本の内容をblogに備忘録としてメモしているのですが、そのテキストデータはiPod touchに入れて、通勤電車の中で読んだりしています。本を読んでしばらく時間が経った後に読み返すと、仕事の役に立ったりすることもたまにあります。今回も、きっとそのようなチャンスが来るものと信じ、しっかり備忘録をまとめました。


...read more

Gym(2-2)
先週「体重が減った!」と喜んでいたら、増えてしまいました。まぁ、心あたりはあるのですが...

12(金)昼食…ラーメン(脂少なめ)+チャーシュー丼
13(土)夜…おやつ(チョコチップクッキー)を食べ過ぎた
14(日)昼…うどん(大盛)を食べた直後に体育館へ行ってしまった

油断大敵ですね。といいつつ、blogをUPしながらこんなものを食べてしまっている!
100214_2113~01.jpg

ストレッチ10分x2セット、エアロバイク20分、
ランニングマシン(Walking)15分(65kcal)、
チェストプレス20回x2セット、ダブルニー20回x2セット、
ショルダープレス20回x2セット、AB/ADヒップ20回x2セット、
体重75.0kg血圧130-70、脈拍87



日航東京「さくら」
100211_1151~01.jpg
今日は、おじいちゃん(zuKao父)の誕生日&退職&再就職祝いという事で、お台場にあるホテル日航東京の日本食レストラン「さくら」に行ってきました。0歳の次女がハイハイできるように和室を予約しておいたのですが、メチャメチャ広い部屋でした。部屋からは東京湾の船やゆりかもめも見えました。ランチでこんな立派な部屋が予約できてラッキーでした。

ちなみにこのホテル、JALグループとの資本関係はなく、「日航」というブランドの下で運営されているだけのようです。

トーマス・フリードマン著「レクサスとオリーブの木(下)」
Author: Thomas L. Friedman
Title: THE LEXUS AND THE OLIVE TREE
Sub Title: Understanding Globalization

この本は、昨年12月に上巻を読みましたが、今回はその続き「下巻」です。1800円の本をブックオフで105円にてGETしました(少々薄汚れていました)。

T・フリードマンの本は、「フラット化する世界」もそうだったのですが、すごく面白い話が満載です。書き方(翻訳のせい?)も堅苦しくなく非常に読みやすいです。

ちなみに原本は1999年に書かれたものですが、p.205に記された日本に関する一節は、失われた十年を経過した、まさに現在の日本に合致する部分が大きいと思いました。またp.267の一節は、アメリカという国をうまく表現したものだと思います。


...read more




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。