zuKao


プロフィール

zuKao

Author:zuKao



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iPod touch、その後
朝の電車内で、突然動かなくなったiPod touch。会社のPCで、USB経由で充電しようと試みるも全く反応なし。「あぁ、壊れたかぁ」と思い、帰宅後に駄目もとでACアダプタ経由で充電してみたところ、充電のような画面が出てきてビックリ。「あっ、復活するかも!」と期待しました。夕食後に再確認したところ、バッテリーも復活し、使えるようになっていました!

その後、ネットで確認したところ、完全放電状態のiPod touchやiPhoneは、USB経由では充電できないことを知りました。

情報元→ http://d.hatena.ne.jp/donpyxxx/20080818/1218988442

なぜ朝の電車で完全放電したのかは不明のままです。が、Wikipedia(本日現在)の記述には、以下のような内容もありました。もしかしたら該当するのかもしれません。

公表されている誤動作など
iPod touch は、小型コンピュータであるために、同期したコンテンツ(アドレスデータ、カレンダー、曲、写真、ビデオ、Podcast など)の為に、正常に動作しなくなる(フリーズ、電源断、急速放電)場合があるという。このときは、異常な動作の原因と考えられるコンテンツを選択して削除すると回復する場合が多い。しかし、リストアなどの復帰処理を試しても回復不能に陥る場合もある。

情報元→ http://ja.wikipedia.org/wiki/IPod_touch
スポンサーサイト

iPod touchが…
iPod touch(2009年9月末購入)が、先ほど突然まったく動かなくなってしまった。これがiPhone だったら、電話もメールもできなくなってしまう。早いうちにiPod内のメモをバックアップしておかなければ!

大前研一著「お金の流れが変わった!」
昨年8月以来の大前研一さんの本です。いつもながら、普段知る事のできない知見を得ることができます。


...read more

嶋口内田研究会(20110120)に参加してきました
おとといの晩、約3カ月ぶりに嶋口内田研究会に参加してきました。今回のゲストスピーカーは、宝島社の桜田圭子さんでした。テーマは「宝島社 女性誌マーケティング戦略」でした。

正直、女性誌は読みませんし最近は雑誌自体を買わなくなってしまったので、直接参考になる事はありませんでした。それでも、考え方として参考になることは色々とあり、有意義な時間を過ごすことができました。

「...read more」に感じた事と一緒に記しておきたいと思います。

...read more

1、2、3、…、100
4歳(年少さん)の長女が、「100まで数えられるよ!」と言いました。まぁ無理だろうと思っていたのですが、本当に数えられました。いつ覚えたんだろう?子供の成長はすごいです。

ラズベリー

長女(4歳6カ月)が、おとなの塗り絵に挑戦しました。ラズベリーらしいです。


HRインスティテュート(著)野口吉昭(編)「挽き出せ!場ヂカラ」
いつもお世話になっているHRインスティテュートの皆さんが書かれた本です。各章を執筆された皆さまの御名前と共に、備忘録を「read more」にまとめます。

いやぁ、つくづく「場」ヂカラ、「場」造りは大事だと再認識しました!


...read more

内田和成が語る「グローバル時代のプロフェッショナル」
記事の投稿が前後しますが、この記事は金曜日の夜に行ってきた「HANDS設立10周年記念セミナー」に関するものです。セミナーに参加する前は、NPO法人HANDSについては全く知りませんでした。代表理事の中村安秀先生からも講演「世界の保険医療問題とわたしたちとの関わり」の中でご説明がありましたが、HANDSは以下のミッションで活動をされているそうです。

  HANDSは、保健医療の仕組みづくりと人づくりを通じて、
  世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会を実現するために行動します。
  (http://www.hands.or.jp/pagesj/02_introduce.html より)

中村先生からのご説明で、国連ミレニアム開発目標(MDGs)がありましたが、MDGsについては以前、SPSというイベントで小児科医の永井周子先生からもお聞きした事がありました。

中村先生の講演の中で一番印象に残ったのは、「主役は地元の人びと、活躍の主役は現地の人たち。」というスライドでした。プロジェクトの成否は、この考えに根ざした「持続性(=Sustainability)」なのだなぁと納得しました。

さてさて、主目的で行った内田さんの講演内容については、「read more」にまとめます。

...read more

血管年齢53歳
昨年6月のブログで、「血管年齢49歳」という記事を書きましたが、それから月1で通院をしています。通院といってもたいした事をする訳ではありません。比較的弱い薬を処方してもらい、朝晩に飲んでいるだけです。で、だいぶ時間が経過したので、再検査をしようという事になり、昨日の朝行ってきました。

結果は「53歳」。ゲッ!

と思ったのですが、以下は先生からの説明です。

今回はたしかに年齢は上がっているのだが、他の数値を見ると上昇は緩やかになっているので、改善の効果は見られるとの事。たしかに強い薬を飲んでいるわけではないので、そんなにすぐに改善はしないのだろうと納得。

ちなみに、末梢の血管年齢というのも別の数値から分かるらしく、こちらは「20歳」との事(写真参照)。これは嬉しかった!

とにかく健康は薬だけですぐに手に入れられるものではないので、弱い薬の力も借りながら、気長に改善していこうと思いました。



湯ったり館
今日は寒いですねぇ~。

昼食後、車に掃除機をかけた後、近所の入浴施設(多分、温泉ではない)にやってきました。前回このような入浴施設に来たのは何年前か、もはや思い出せません。

市が運営している施設なので、そんなに色々な設備がある訳ではないのですが、それでも寝湯、薬湯、露天風呂でリラックスする事ができました。

700円で、かなりリフレッシュできました!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。