zuKao


プロフィール

zuKao

Author:zuKao



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



無線LANの機械
Amazonで注文していた無線LANの機械が届きました。
意外に安く買えて良かったです(税込2480円)。


スポンサーサイト

バリー・リバート、ジョン・スペクター、ほか著「クラウドソーシング」
Title: We are SMARTER Than ME
Sub Title: How to Unleash the Power of Crowds in Your Business
Authors: Barry Libert, Jon Spector, and thousands of contributors

この本の著者名には「ほか著」と書かれています。そうなんです。この本は、なんと4000名もの人によって書き上げられた本なんです。本の帯には、以下のような記述があります。
『著者4000名、前代未聞のプロジェクトが始動。』


...read more

血管年齢40歳
今日は、かかりつけ医に行き、血管年齢を測定してきました。昨年9月に測ったときは、血管年齢は47歳でした。今回は少しは下がっているかなぁとドキドキしながら測定したら、結果は、

「実年齢相応」と出ました。やった!といった感じです。

その後の先生の説明によると、別の見方をする血管年齢(指先で測定するもの)は31歳相当との事。こちらもかなりの改善が見られたようです。

引っ越してから歩く距離も長くなり大変ではあるのですが、身体にとっては良いようです。これからも実年齢相応の血管年齢を維持したいです!

堺屋太一著「凄い時代 勝負は2011年」
この本は2009年9月に出版された本ですが、p.223の以下の記述を読むと、ゾッとします。
「江戸時代の景気循環のもう一つの特色は、景気が悪くなると大災害が起こることだ。明暦の大火(振袖火事1657年)、富士山大爆発(1707年)、浅間山噴火(1783年)、京畿大地震(1830年)などである。この傾向は明治以降も続いている。第一次大戦による好景気が終わって5年ほど経つと関東大震災(1923年)が、バブル景気が弾けて5年目には阪神・淡路大震災(1995年)が発生している。今を生きる日本人には不気味な現象である。」

また、p.240の微量放射能の記述も、必読です。
「80年代後半からは原子力発電の放つ微量放射能が一部の植物に悪影響を与えるとの説が支持された。」

...read more

藤川太著「サラリーマンは2度破産する」
読んでてツライ本ですが、大事な事が書いてあります、ハイ。


...read more

Pastelのパスタランチ

先ほど健康診断がおわり、遅めのランチを食べました。ソーセージとポテトのクリームソースです。


明日は胃カメラ
昨年も4月に受けましたが、今年も4月に健康診断の一環として内視鏡検査(胃カメラ)を受けてきます。

昨年の診断結果は、「逆流性食道炎」と「表層性胃炎」でしたが、今年はどうでしょうか?

高橋俊介著「キャリアショック」
引っ越し前に読み終わっていた本ですが、なかなか家でパソコンに向かえず、アップが遅くなってしまいました。


...read more

新たな通勤

昨日まで引っ越しの為のお休みをもらい、今朝からまた新たな通勤が始まりました。


引っ越し完了(一応)
土曜日に引っ越しをし、昨日(日曜日)と今日(月曜日、会社は休んだ)で一応片付けをしました(まだまだ開いていない段ボールはありますが)。今日の昼過ぎにやっと電話が開通し、先ほどインターネットの接続も終了しました(今度の住まいは、LANケーブルを直接させるポートが備わっていて、しかもネット接続料は無料なんです)。明日からは、また仕事です。駅までの徒歩も前よりちょっとだけ遠くなるし、電車もちょっとだけ長くなります。大変といえばそうかもしれないけど、楽しみながら通勤できればと思ってます。

それにしても、ここは静かだ~。