zuKao


プロフィール

zuKao

Author:zuKao



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



古長谷稔著「放射能で首都圏消滅」
震災以降の通勤電車では、ほとんど読書もせず、TOEICの勉強用に買ったDSソフトもやらなくなってしまいました。iPodも聞かなくなり、FMラジオを聞きながら携帯電話でTwitterを見る事が多くなりました。

実はこの本も、Twitterで知りました。おどろおどろしいタイトルの本です。この本は2006年に発行されたものですが、「浜岡」を「福島第一」と置き換えると、かなり現在進行形に近い内容になります。備忘録にはそれほど多くを引用しませんが、一読して色々と考えてみるのに良い本だと思います。


●放射能の拡散分布シミュレーション http://www.stop-hamaoka.com (p.15)

●資産のある人は、浜岡原発が動いている限りは、浜岡や首都圏から離れた場所に家を購入しておいたほうが得策かもしれません。たとえば月刊「田舎暮らしの本」(宝島社)などで広い土地付きの家が500万円台から見つかります。(p.23)

●飛んでくる放射能のチリの大きさは、3μm(1000分の3mm)以下。「DS2」の防じんマスクは0.06~0.1μmの微粒子を95%以上除去できるので、花粉症対策マスクとはケタ違いの性能です。3μm以下の放射能はほとんどすべてカットできます。価格は300円から600円ぐらいです。(p.40)

●原発事故後は特に雨が降りやすくなります。空気中にチリが多いと、それが凝結核(ぎょうけつかく)になって水滴ができやすくなるのです。~(中略)~事故発生後、少なくとも10日間は雨のようすを気にして、雨水には触れないよう細心の注意を払いましょう。(p.48)

●トロロ昆布は、乾いたまま一度にたくさん食べると腸内で膨張して危険なので、お吸い物などに入れて食べましょう。(p.51)

●2004年8月のある昼下がり-。美浜原発3号炉で、突然配管から140℃もの超高温水蒸気が噴出。~(中略)~原因を調べてみると、その配管はもともと厚さ10mmの肉厚であるべきなのに、なんと0.6mmしかなかったのです。(p.94)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

1日20分の勉強でTOEIC980点を獲得してしまった!

たった1日20分の勉強で英語がグングン身につく英語勉強法の秘密を知りたくありませんか?
TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法【2011/04/26 09:17】