zuKao


プロフィール

zuKao

Author:zuKao



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



スティーヴン・C・ランディン、ハリー・ポール&ジョン・クリステンセン著「FISH!」
Title: FISH!
Sub Title: A Remarkable Way to Boost Morale and Improve Results
Authors: Stephen C. Lundin, Ph.D., Harry Paul, and John Christensen

ランディンさんの本は、以前に「CATS!」を読みました。実は「FISH!」の方が先に書かれた本です。

私は、p.128の以下の一文がとても気に入りました。
「しかめ面をしなくても真剣に仕事をすることはできます。」


●たいして好きではないことをして働くには、人生は短すぎると考え、みな完璧な仕事場をさがしつづける。しかし理想的な仕事をさがすために将来にばかり目をむけていると、いまこの瞬間に手に入れることのできる、楽しい人生をのがしてしまうおそれがある。(p.8)

●「オーケー。どんな仕事でも場合によっては退屈になるなら、逆にどんな仕事でも情熱をもっていきいきとやることもできる。そうだね?」「よくわからないわ。例をあげてくれる?」「いいよ。市場のなかを歩きまわって、ほかの魚屋を見てごらん。活気なんかないから。~(中略)~この前言ったように、パイク・プレイス魚市場も昔はあんなふうだった。でもぼくらはすごいことに気づいたんだ。仕事そのものは選べなくても、どんなふうに仕事をするかは選べることに。~(中略)~どんな態度で仕事をするかは、自分で決められるってこと」(p.36)

●たいていの人は、人生のどの時期でも学び成長することに喜びを感じると確信しています。もし盛りをすぎておとろえる兆候があるなら、それを防ぐ手だてをこうじればいい。時計のネジがゆるんだら、巻きなおせばいいのです。(p.55)

●しかめ面をしなくても真剣に仕事をすることはできます。(p.128)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック