zuKao


プロフィール

zuKao

Author:zuKao



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嶋口内田研究会(20130926)に参加してきました
木曜日の夜、約8か月ぶりに嶋口内田研究会に参加してきました。今回のゲストスピーカーは、オリエンタルランド元専務取締役の奥山康夫さん。テーマは『オリエンタルランドの"競争力"とは~東京ディズニーリゾート30周年を迎えて~』でした。

奥山さんがオリエンタルランド(以下、OLC)に入社されたのは1965年(昭和40年)。1960年(昭和35年)のOLC設立から5年後のこと。この頃は、浦安は漁場でしたが、公害の為に荒れていたそうです。そこを埋め立てるのですが、海の地主がいたそうで、その地主さん達から埋め立ての了承を得るという事もしたそうです。

ちなみに、OLCの親会社は三井不動産と京成電鉄だそうですが、当時はディズニーを誘致しようとしていた企業が他にもあったそうです。その企業は三菱グループで、富士スピードウェイの再開発を目的としてディズニーにアプローチしていたそうです。(三菱は東宝を通じてディズニーにアプローチしていて、当時は"三井・三菱戦争"とも呼ばれたそうです。)

その他、色々と興味深い話があったのですが、まとめるのが大変なので、read moreに羅列します。画像は、「世界ふしぎ発見」から撮った写メです。
・ロイヤリティは、"売上"に対して約7%。これは極めて高いし、普通は"利益"に対してロイヤリティをかける。"売上"に対してかけると、赤字でも黒字でもロイヤリティを持って行かれる。
・1983年4月15日に開園したが、土地を"除いて"約1800億円かかってしまった(計画の約4倍!)。土地を含めたら、約3000億円。
・1985年の「つくば万博」。集客を持って行かれると思っていたが、地方客が旅行会社のパッケージツアーでつくば博とディズニーランドの両方に足を運んだ為、集客は落ちずに更に人気が高まった。
・日本の浦安にオープンさせるに際し、特に注意したのが、「地盤対策」と「雨天対策」。
・「地盤対策」としては、サンドパーク工法というものを採用したらしい。
・「雨天対策」は、「ワールドバザール」。米国ディズニー側からの提案で、雨天時に約1万人が収容できる設計にしたらしい。
・成功のポイントは「直営」。「委託」にするとストライキのリスクがあると考えた。
・一番先に始めた活動は「スポンサー獲得活動」。一業種一社が基本ルール。一番最初に返事をしたのが「日本コカ・コーラ」。
・ディズニー側から「Great Moments with Mr. Lincoln」のようなショーを提案され、日本では「Meet the World」を作ったが、残念ながらアカデミックすぎてクローズとなった。「Great Moments with Mr. Lincoln」では、Audio Animatronicsのリンカーン大統領の演説を見て、泣き出す年配の方もいるらしい。
・「Hall of Presidents」というアトラクションもあるが、こちらは現大統領のObamaまでいるらしい。中心にいるのは、やはりリンカーン大統領。


・1983年4月15日の開園前、約1か月間のプレビュー期間を設定した。3000人、5000人、20000人と、OLC側で入園者数を設定し、関係者を招待しトレーニングに充てた。
・昭和30年代から、現在の舞浜駅の構想があり、それに合わせてエントランスの位置を設計していた。しかし、舞浜駅の開業が遅れる事を知り、エントランスの位置を変更した。理由は、開園後に舞浜駅が開業することになると、パークから工事のクレーン等が見えてしまう為。
・ホテルも、MAX12階に揃えてもらった。パークからは土盛りをして、見えなくした。
・アトラクションは毎年は追加できないので、スペシャルイベントを投下する事でつないできた。クリスマスやハロウィンも、今では一般的だが、イベントを始めた当時はクリスマスといえば「お父さんが三角帽をかぶって、クリスマスケーキを買ってくる」というような時代だった。ディズニーのしかけたイベントが市場に波及する。
・Creative能力、Imagination力は、アメリカにはかなわない。サービス能力、ホスピタリティは、ディズニーよりOLCの方がはるかに高い。
・開園当初はクレームになっていたが、Rest Roomという表記にしていた(トイレとは書かなかった為、トイレの場所が分からないというクレーム)。もともと、アメリカの疑似体験ができるパークを狙っていた為。
・4つのカギ「SCSEプログラム」。安全、礼儀正しさ、ショー、効率。


・アメリカと変える点、変えない点。基本的には変えたくない。アメリカのものを持ってきたい。ディズニー側からは「日本らしいものを持たないか?」という提案があったらしい。
・フランスのディズニーランド。フランス人はアメリカ人が嫌い。また、つくり物に対する拒絶反応がある。
・香港のディズニーランド。規模も小さく、ゲストのレベルが低い。暑いと上半身裸になってしまったり、塀を乗り越えて入ってきたりする。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。