zuKao


プロフィール

zuKao

Author:zuKao



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イベントかけもち
昨日、7/8(水)は2つのイベントをかけもちしてきました(有給休暇を利用しました)。

1つめは、日経BP社主催の「ヒューマンキャピタル2009」です。まずは朝一で「グローバルマネジメントを目指した人材育成」という題の基調講演を聴講しました。スピーカーは、堀場製作所の堀場厚社長でした。堀場製作所については面白い社是「おもしろ おかしく(Joy and Fun)」という事で知っていました。堀場社長の話は、決して力強いという印象ではありませんでしたが、発せられる言葉には非常に重みがありました。以下にいくつか印象に残った言葉を記します。
・リーダー・トップマネジメントは、人間として尊敬できるかどうかが大事である。
・アイデアは、義務感から仕事をしている人からは出てこない。
・経営で大事な3つのモデル(全てが大事)
   1)ビジネスモデル
   2)マネジメントモデル
   3)教育のモデル
・一流の製品を生み出すには一流の体験が必要(→一流の研修施設)
・リスク管理とリスク回避は違う(インフルエンザ騒ぎの際も、海外出張禁止はしなかった)

2つめは午後一で、トムソン・ロイター主催の「イノベーション・クライシス~グローバル市場での競争と共生の新潮流」です。こちらは一つのプログラムしか聞けませんでした。元特許庁長官・荒井寿光さんの「イノベーションのための知財戦略」です。こちらはテーマが小難しいので、blogでは軽めのネタだけ書く事にします。

特許に限らず、商標や音楽の著作権なども知財権(知的財産権)に含まれるのですが、「著作権で詐欺ができる時代になった」というコメントがなかなか面白かったです。これは○○哲哉(プレゼンテーションはこのような表記でしたが、思いっきり名前を言っていました。T.Kのことです)が詐欺容疑で逮捕された事を言っているのですが、十数年前なら著作権で詐欺をやろうなんて考える人はいなかった、知財権が浸透したという事を面白おかしく言ったのです。

3つめは夕方で、また「ヒューマンキャピタル2009」に戻り、「ディズニーが明かす顧客満足を生み出し続ける魔法の裏側 ホスピタリティの心と人財育成術」を聴講しました。こちらのスピーカーは、オリエンタルランド運営管理セミナー事業グループ、ディズニーアカデミー担当の方々でした。こちらも印象に残った言葉を記します。
・キャスト(従業員)の仕事は、夢を叶えるお手伝い
・TDRは、キャストの夢が叶う場所
・サービスではなく「ベスト・サービス」

しかし、今回のセミナーを聞いてもディズニーリゾートに行っても思うのですが、こういう所で働いてみたいなぁ、と単純に思ってしまいますね。実は大学生時代、キャストの面接には合格していたんですけどね!都合で働けなかったんです。故ランディ・パウシュ先生も、ディズニー好きだったんですよね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。